肌質 化粧下地 選び方

オイリー肌や乾燥肌の化粧下地の選び方

化粧下地も様々な物が売られています。
夏用のさっぱりタイプ、毛穴を消すことを目的としたタイプ、色つきの色補正のできるタイプ、などなど、
ファンデーションの数だけ下地の種類もたくさんあるのです。

 

でも、みなさんは何を基準にして下地を選んでいますか。
売れ行きの良い物を選ぶ、と言う人も多いと思います。

 

しかし、売れている下地は万人に使い心地がいいのでしょうか。
女性のみなさんなら良くお分かりのように肌質は個人個人で結構違いがあります。

 

また、季節や体調によって個人でも肌質は変わりますので、売れているものが誰もに合うとは限らないのです。でも、手当り次第に片っ端から下地を買って試しては自分に合うものに出会うには、何年もかかってしまうかもしれません。

 

オイリー肌や乾燥肌、人に肌質による化粧下地選び

 

おおまかですが、自分の主な肌状態に合うものはどんなタイプか一つの判断基準をご紹介します。

 

まず、肌がオイリーなタイプの人には、密着度の高い粘性も弱いフィットするタイプが良いでしょう。オイリーな肌と言うのは文字通り皮脂が過剰気味ですので、お化粧は崩れやすいです。なので、皮脂を吸着してくれるパウダーが配合されているようなタイプを選ぶと化粧崩れもしにくくなります。

 

そして、反対に乾燥肌の人は、メイク前の乾いた肌に潤いを与えてくれるようなクリーミーなタイプが良いでしょう。肌のカサカサしてメイクのりが悪い状態をうるおいを与えることによって表面をフラットによりファンデを密着するように働いてくれます。

 

ジェルタイプも伸びがよくて保湿効果が長持ちするのでおすすめです。混合肌の人は、オイリーな個所と乾燥している箇所とがありますから、部分部分で下地を変えるのもよいですが、それも面倒ですから、思い切って、下地を省いて、下地もファンデも一緒になった、BBクリームやCCクリームを使うのもおすすめです。

 

これらの多機能クリームは顔の肌質を整えてくれますから、どんな肌質でもうまくまとめてくれます。
ただし、メリハリのつきにくい仕上がりになりがちなので、ハイライトやシェービングでひと手間かけた仕上がりにすると良い感じに完成します。

 

今話題のお勧めの化粧下地を使いたい、という方は、毛穴を隠すファンデーションの記事も参考にして下さい。