コンシーラー 活用法

コンシーラーの活用術

コンシーラー活用

「肌がキレイ」って言われたら、本当にうれしいですよね。

 

勿論、顔立ちがキレイも嬉しいけど、「作りは整ってるけど、肌が疲れてるね」って言われるより、「作りはイマイチだけど、肌がキレイね」って言われた方が嬉しくないですか?

 

肌本来をキレイにするのが、一番だけどそれには時間もお金もかかります。
でも、コンシーラーとリキッドファンデーションを活用すると、
「あら!びっくり」の肌美人になれちゃいます。

 

これまで、ファンデーションだけで済ませていた方、一度お試しください。

 

まず、化粧水やら乳液で肌を整えたら、化粧下地を薄く延ばします。
無色のUVクリームでもOKです。
それを顔全体に伸ばしたら、手のひらで顔を包み込み、軽くキュっと押し込むようにします。

 

それから、目の下や小鼻の脇、目尻、シミなど色がくすんで見えるトコロにオレンジ系のコンシーラーを指で薄く叩き込むようにつけていきます。
全体を塗るのでは無くて、ポイントごとにしっかり叩き込みます。
この時、コンシーラーを使った場所と使ってない場所の境が目立たないように叩いておきます。

 

次に赤みが出ているトコロ、より明るく見せたいトコロ(鼻筋とか眉毛の下とか…)にグリーン系のコンシーラーをを付けていきます。
こちらも薄く、指で叩くように付けていきます。

 

ここまで出来たら、後はリキッドファンデーションを塗るだけです。
気を付けるのは、コンシーラーを付けたトコロをこすらないコトです。
ですから、ファンデーションも少量を薄く、叩き延ばすように付けます。
最後にパウダーをうっすらかけて、終了!
いつもより健康的で明るい肌の出来上がりです。
「手間だな」って思いますが、是非一度お試しください。